--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/19(金)00:30
昨日、ガンを患っている人がいらっしゃいました。

免疫力を上げたいとの事。
ここ3年間、1年に1回のペースで抗がん剤治療をしている。
点滴を受けてる最中から、身体が冷たくなるのが分かる。
35℃のくらいの体温が34℃代まで下がります。 との事

はり治療を進めていくと体の中から
温かくなるのがわかります。
と言っていた。


体温35℃でも低いけど34℃ってどんな感覚なんだろう。
体験したいとは思わないけど。。。

平熱が35℃代の方、よく聞きます。
深部体温(体内温度)が37℃前後で免疫力が活性化されます。
そうなると平熱は36℃以上がベスト。
すると風邪や、今はやりのインフルエンザにもかかりません。

ハリやお灸でも体は温まります。
体質改善にもおススメです。

呼吸法もおすすめです。
自宅で、できます。

鼻から吸って口から吐く。腹式呼吸。
文字にしてしまうと簡単ですが
常に緊張状態で以外とできない人が多いです。
力まず、吐く方に集中する。
試してみて下さい。

慣れてくると足先や指先が暖かくなるのがわかります


思い込み、不安感、病気の改善、自己成長のお手伝いします。
ストレスバスターズ公式サイト







2016/02/17(水)00:00
生活していて、耳鳴りすることありませんか?

キーンと高音が聞こえたりと不快な音がする。

くびや肩がこる。後頭部が重い。
そんな症状がある方は自律神経が乱れているのかも。

ハリで症状が緩和することがあります。


ツボの説明はこちら

  

写真にある の部分にへこんでいる所があります。
指で押してみて、痛いところ・違和感のある所を押してみて下さい。

耳


ハリの代わりにパッチも販売しています

上手に使って健康で楽しい毎日を送れます様に
2016/02/16(火)00:00
鍼灸師(しんきゅうし)専門学校には技術試験があります。
より安全に、患者さんに負担なくハリと おきゅうができるか。

当たり前といえば当たり前ですが。

テストの内容は
指定されたツボに制限時間内でハリを何本する。 とか
決められた温度のおきゅうを作るとかあります。

そのため試験の前になると後輩に
アドバイスを頼まれることがあります。

わぁ~、懐かしい

学生の頃は背骨を触っても何個目の背骨かイマイチわからなかったなぁ。

いざテストになると急に先生たちが真剣な顔になって緊張した。
手に汗はかくし、ふるえも止まらない。

ど、どーしよ アセる、私。

クラスメイトとよく練習したものです。

今、考えると頭の中は
試験に落ちたらどうしよう、ダメだったらどうしよう。
そんな事ばかり頭の中でグルグルしてました。

だめですよね、こんなこと考えてたら。
緊張と不安で普段できる事もできなくなっちゃう。

ネガティブな思い断ち切る事、重要です。

ちなみに私は試験直前にトイレに行って

大丈夫、自分ならできる。
普段通りで大丈夫。
個室でブツブツ言ってました。

自分にならできるはず。自分を信じる。
それ以来、テストで追試を受ける事なくなりました


自己肯定、あがり症、不安症を改善したい方サポートします。
ストレスバスターズ公式サイト
鍼灸師ですので健康な体つくりもサポートします。

ヒエラル氣ヒーリングセミナー




2016/02/09(火)23:30
先日こんなことがありました。


クライアントさんのお宅に伺ったところ

ク:「はい、これ。マスクして」
私:「どうされたんですか?」
ク:「主人と娘がね、インフルエンザなの。まったく」
私:「あっ、気にしないで下さい。私かからないので」
ク:「でもさ、どうなるかわからないし」


私はインフルエンザの予防接種を受けた事がありません。

子供の頃にてんかんを持っていて当時ドクターストップがかかっていました。
そのおかげなのか今まで打ったことがなくて。


予防接種を受けるとインフルエンザにかからないものと思ってました。
経験した人に聞くと、インフルエンザにならないんじゃなくて
症状が軽くて済むそうです。

受けなくてもかからないなら私は予防接種いらないかな。

このお宅に伺って3日以上経ちますが私の体調は何ら変化はありません。
当時のお医者さんと健康な体とマインドに感謝です。

健康なマインド、かかっていない病気にフォーカスしない。とても重要です。

同じバスターズの中嶋さんもこう書いています

マインドを変えるだけで若々しく健康な体が手に入ります。
健康に対する不安もなくなりますよ



私たちストレスバスターズでは健康な心と身体作りのお手伝いをします。
ストレスバスターズ公式サイト
2016/01/27(水)00:00
おもしろいテレビを見ました。

舞い降りたチャンスをつかめるか‼️

街頭インタビューで
贅沢したいですか?と聞かれ
したいです😁と答えると
今から贅沢北海道旅行に行きますか?
と質問されて、その場で決断できるか。

みなさん、旅行行きたいですね〜〜。
とか 旅行行ってみたいです。

今から北海道行きますか?費用はすべて番組持ちです。と聞かれると

いえ、家族がいますから。
明日は仕事だから。
犬がいるから。

そんな中、えっ!?今から?と悩み始める母娘連れ。
お嬢さんは行きたい。
お母様は明日仕事だし・・
悩む事5分

まあ、いいか。仕事はどうにかなるか。
とその場で決断

2時間後には飛行機で函館へ
エステに函館の夜景
宿泊先は1人 10万円の豪華なお宿
夕食は北海道の海の幸と

なんと素敵な決断でしょう。

お嬢さんが言った
あそこで断って番組見たら
行っとけばよかった〜〜と後悔するよね。
来てよかった😊
と満面の笑みでした。

世の中にはおいしい話あるんですね😍
そのチャンスを掴むかどうかは自分次第。
あれこれ考えてたら他の誰かが掴んじゃう。

おもしろい番組でした。

私も迷わずチャンスつ〜かも😘


自分の見つめなおしてチャンスをつかみたい人、運気上昇、
自分を好きになりたい人、人生を謳歌したい人 サポートします。
    
ストレスバスターズ公式ホームぺージ

全国でちあ魔女セミナーしています
東京・名古屋・大阪・福岡
ちあ魔女セミナー
プロフィール

近橋 真由美

Author:近橋 真由美
子供の頃
体が弱くて、1か月の半分は
家で寝ていました。

風邪をひけば喘息の発作へ
がいつものパターンでした。
苦しくて息も吸えない様な毎日でした。

そのくせ、薬が大大大大嫌いで
薬を飲ませたい母と
薬は飲みたくない私とで毎日格闘ででした。
時には親戚を巻き込んで
私に薬を飲ませようとと言う日もありました。

大人になっても、大の薬嫌いです。
すごく怒られて大泣きしていたのに
なんであそこまでして薬を飲まなかったのか???
ず~~~っと不思議でした。

ある時ちあ魔女に
「なんで薬飲まなかったのか
不思議なんですよねぇ」
と聞いたことがありました。

瞑想で子供の頃の自分に聞いてごらんよ!
とアドバイスをもらい、瞑想してみました。

不思議ですが
大人になった自分が
子供の自分に
「大丈夫、薬は飲まなくても
治るからね」
その場面が見えました。

なるほど、そういう事かぁ
と妙に納得しました。

ドラえもんのタイムマシンは
持ってないし
現実の世界ではありえないことなんですが
自分自身ではすごく納得できて
腑に落ちた瞑想体験でした。

最後に薬飲んだのいつだろう?
と考えるくらい薬を飲んでいません。
もちろん、市販薬もです。


小学校に入ると
体力もついて一時期よりは
寝込む回数も減りましたが
2週間ほど喘息で学校を休んだら
九九達成の表が大きく教室に貼られていました。

友達ははな丸がたくさん
私はと言うと1つも貼られていません。

病欠した私と、思うように進まない子と
一緒になって叱られました。

そこがきっかけで、自分の事を
“できの悪い私、私はダメな子”
思い込みをしっかり植え付けてしまいました。

この思い込みは
大人になっても、ここぞ!!
という時に足かせになって
失敗ばかりでした。

例えば
恋愛でも、こんなダメな自分と
付き合ってくれるなんてと言う思いから
ダメんずばかりで、友達の忠告を
無視し続けて泣きを見る。

仕事でも責任が伴う様な事を任せられると
“ダメな自分にできるはずない”と思いこんで
助けてくれる仲間にヒステリックになって
結局、孤独になって失敗。

こんな事が何十年と続きました。

このままでじゃ、いけない。

この強い思いが
師である、愛場千晶と出会えるきっかけになりました。

個人セッションを受けたり
先輩バスターズのセッションで
自分の思い込みに気付いて
自分の事を認められるようになりました。
失敗続きの人生も軌道に乗り始めました。

私と同じように
どうしたら良いんだろう。
悩んでいる人のサポートがしたい
そんな思いでバスターズに入り
健康のなるための
治療やアドバイスができる様にと
鍼灸師の国家資格も取得しました。

そんな思いでこのブログを始めました。

どうぞよろしくお願いします。

Before  | まゆみのブログTOPへ |  Next
Copyright © まゆみのブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。